title

  • Home
  • よくある質問
アーセプトグループの特徴を教えてください。
アーセプト税理士法人は2011年6月設立の若い法人ですが、前身を辿れば1961年から続く税理士事務所が起源となっています。長年秋田という地で、地域に密着して税務会計業務を提供しクライアントから信頼を得てきました。地域の実情を良く知り、適切な指導ができる点が特徴といえます。
また、最近の多様化する経営ニーズに対応するため、アーセプトコンサルティング株式会社がクライアントのマネジメントをサポートする点も大きな特徴と言えます。特に経営戦略の策定支援や戦略の組織内へ浸透ツールでもあるバランスト・スコアカード(BSC)導入支援業務では、独自のノウハウを構築・提供し、クライアントより絶大な評価を頂いています。
現在のクライアントの属性を教えてください。
アーセプト税理士法人のクライアントには、製造業、建設業、卸売業、小売業、飲食業、医療業など様々な業種・業態があります。また、中小企業のみならず、上場企業もクライアントに含まれ、最近では公益法人制度改革の関係で公益法人(特例民法法人)のクライアントも増えています。
また、経営承継や相続で悩むクライアントも多く、円満な解決を支援しております。
アーセプトコンサルティングが行う BSC導入支援業務は、東北地方のみならず、東京都・埼玉県・千葉県など首都圏の上場企業・医療法人・中小企業にも提供実績があります。さらに、近年ではマーケティング・リサーチのノウハウを活かし多くの課題を抱える第3セクターの将来構想策定業務も手掛けています。
このように、時代に合わせた幅広いクライアントへのサービス提供実績があります。
提携先があれば教えてください。
現代の経営環境は複雑化しています。グループ内の専門家だけではクライアントが満足するだけのサービスを提供できない場合があります。アーセプトグループでは税理士のほか、弁護士、公認会計士、不動産鑑定士、司法書士、社会保険労務士、中小企業診断士、マーケティングコンサルタント、アートデレクターなど様々な専門家と強力に連携し、クライアントのニーズ応じたサービスを提供しております。
スタッフにはどんな人材がいますか?
アーセプトグループでは、スタッフであっても責任あるプロフェッショナルとしての役割を担います。したがって、スタッフは、原則的に税理士・公認会計士試験等国家資格試験合格を目指す者のみを採用しています。現在も公認会計士試験合格者の他税理士試験科目合格者、中小企業診断士、社会保険労務士が在籍しております。
報酬について教えてください。
アーセプトグループの各種報酬は、内部規程により設定していますが、当初はリーズナブルな報酬設定で契約して頂き、サービスに満足頂いてから実績に応じて報酬の見直しをすることをグループ方針としています。クライアントの繁栄のため誠実にかつ柔軟に対応致します。お気軽にお問い合わせください。