title

グループ代表からのご挨拶

アーセプト・グループのウェブ・サイトにお越し頂き有り難うございます。

アーセプト・グループは、1961年日本の高度成長期に、東北・秋田の一税理士事務所として業務を開始したのが、起源となっております。その後、10名を超える税理士有資格者を輩出し、工業化社会から高度情報化社会へと外部環境が変化する中、最新の税務・財務会計情報システムを積極的に導入しながら業務に専心してまいりました。
一方、クライアントの皆様のニーズにお応えし、秋田県内のみならず東京都・千葉県・埼玉県・山形県内の上場企業・中小企業へのマネジメント・コンサルティング業務にも取り組んでまいりました。具体的には、これらの企業の経営改善業務に加え、GIS(地理的情報システム)を活用したマーケティング・リサーチ業務や1992年にアメリカで提唱され、現在では欧米だけでなく、中国をはじめとしたアジア新興国で普及が進むバランスト・スコアカード(BSC)の導入支援業務まで手がけてまいりました。
2011年6月、創設50年を契機に、税理士事務所の法人化とコンサルティング会社の組織強化を図り、改めて、個人・企業・地域(まち)をクライアント様と定義づけ、税務・財務会計・コンサルティングを主たる業務とし、感性と論理性、そして高い徳性をもって、クライアントの皆様の人生観・経営理念・地域づくりの具現化をお手伝いさせていただくことになりました。
時代は、高度情報化社会から、個人・企業・地域そのものの「あり方」を問う「コンセプチュアル社会」へと大きく移行しつつあります。コンセプトが不可欠な新しい時代に、私たちアーセプト・グループとともに先見性を備え、新しい生き方、確固たる経営理念、そして持続可能な地域づくりを具現化しようではありませんか。
今後ともご支援・ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

アーセプト・グループ代表
アーセプト税理士法人 代表社員
アーセプトコンサルティング株式会社 代表取締役

博士(経営学)・公認会計士・税理士
長谷部 光哉 HASEBE,Mitsuya

グループ代表略歴

最終学歴
2009年 東北大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
学位
博士(経営学)、会計修士(専門職)、経済学士
Ph.D.in Business Administration, Master of Accounting ,Bachelor of Economics
職歴
1978年
長谷部武憲税理士事務所入所。
1984年
税理士試験合格(簿記論・財務諸表論・法人税法・所得税法・相続税法合格)。
1995年
長谷部光哉税理士事務所開設・株式会社長谷部会計マネジメンツ(現:アーセプトコンサルティング株式会社)代表取締役就任。
2011年
アーセプト税理士法人 設立 代表社員に就任、公認会計士試験合格。
税理士会役職歴
日本税理士会連合会調査研究部常任委員・会務制度委員会委員、常務理事・国際部長
東北税理士会常務理事・調査研究部長・会務制度委員会委員長、副会長・秋田県支部連合会会長を歴任
他の委嘱歴
TKC全国政経研究会政策審議委員
秋田信用金庫員外監事
秋田県 総合開発審議会専門委員
秋田県 秋田イメージアップ推進事業検討委員会委員長
財団法人あきた企業活性化センター 秋田独自の事業承継プログラム構築等のための研究会議議長、同センター 資金管理委員会委員
社団法人秋田青年会議所理事長
を歴任