ブックレビュー

グループ内の読書好きがリコメンドする書籍やDVD等をご紹介します。

ロジャー・パルバース『STAR SAND-星砂物語-』、講談社、2015年。

ロジャー・パルバース『STAR SAND-星砂物語-』、講談社、2015年。

続きを読む>>

『街道をゆく29秋田県散歩他-新装版-』司馬遼太郎(2009年)、朝日新聞出版。

『街道をゆく29秋田県散歩他-新装版-』司馬遼太郎(2009年)、朝日新聞出版。

続きを読む>>

映画『杉原千畝(すぎはらちうね)』監督:Cellin Gluck、脚本:鎌田哲郎、企画制作:日本テレビジョンネットワーク:配給:東宝、2015年。

映画『杉原千畝(すぎはらちうね)』監督:Cellin Gluck、脚本:鎌田哲郎、企画制作:日本テレビジョンネットワーク:配給:東宝、2015年。

続きを読む>>

河合雅司『未来の年表』講談社現代新書2017年。

河合雅司『未来の年表』講談社現代新書2017年。

続きを読む>>

山田順『地方創生の罠』イースト新書、2016年。

山田順『地方創生の罠』イースト新書、2016年。

続きを読む>>

白洲次郎『プリンシパルのない日本』新潮文庫、2006年。

白洲次郎『プリンシパルのない日本』新潮文庫、2006年。

2009年のNHK特番ドラマで改めて脚光を浴びた異才・白洲次郎(1902-1985)の直言集である。次郎は敗戦後の日本、吉田茂の補佐役として、GHQと渡り合い、1946年の日本国憲法の草案作業から、1951年のサンフランシスコ講和条約締結まで、歴史上、日本人としては異 … 続きを読む>>

鈴木典比古『なぜ国際教養大学はすごいのか』、PHP研究所、2016年

鈴木典比古『なぜ国際教養大学はすごいのか』、PHP研究所、2016年

我が国の国際系大学の主役に躍り出た国際教養大学(AIU:秋田市雄和)の2代目学長の鈴木氏(経営学博士:DBA)による著書である。 「そもそも学問は社会に出て二十年後も三十年後も通用するような思考や感性、倫理観や道徳観などの人間性を養うためのもの」 … 続きを読む>>

村上春樹『職業としての小説家』、スイッチ・パブリッシング、2015年

村上春樹『職業としての小説家』、スイッチ・パブリッシング、2015年

村上春樹『職業としての小説家』、スイッチ・パブリッシング、 2015 年   著者の自伝的エッセイである。特に、「海外に出て行く。新しいフロンティア」のチャプターが興 味深い。バブル期の1980年終盤、40歳となった村上は「ニューヨーカ―」誌で本 … 続きを読む>>

『日本人はどう住まうべきか?』養老猛司・隈研吾,日経BP社,2012年

『日本人はどう住まうべきか?』養老猛司・隈研吾,日経BP社,2012年

歯に衣を着せない養老氏(解剖学者)と隈氏(建築家)の対談である。 「津波・液状化について建築業界はノーマークだった。」 「日本は4つのプレートがぶつかり、2000の活断層、108の活火山が存在する地勢にあり、一律の基準による建築はそもそ … 続きを読む>>

『僕の場所』隈研吾,大和書房,2014年

『僕の場所』隈研吾,大和書房,2014年

ご存じ、日本が誇る気鋭の建築家の自叙伝的エッセイである。 建築はそれ自体がアートであり、アーティスト隈研吾の生い立ちから、世界的な建築家であるコルビュジエ(スイス:1887-1965)やミース(ドイツ:1886-1969)のアート観、さらには同氏のデザ … 続きを読む>>

次ページへ »